scroll

Next Message

1951年の創業以来、私たち協栄電気は、電子材料の供給事業をコアに、人と社会に高い付加価値を有する、最先端のソリューションを提供してきました。そして、おかげさまで私たちは、本年創業70周年の佳節を迎えることができました。私たちを支え続けてくださる、お取引先様、ご関係の皆様に、心より御礼申し上げます。
これまでも、これからも、グローバルなスケールで、次世代の価値創出に挑み、人と未来をつなぐ、私たち協栄電気にご期待ください。
今後ともなお一層のご指導・ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

History

黎明期 1951年~1969年

1951年、創業者笹井積善によりに設立。
1958年、ニッカン工業、ニチバン、寺岡製作所、住友スリーエム、潤工社など、主力仕入先の代理店となる。

飛躍期 1970年~1989年

1972年、優良申告法人〔芝税務署〕の指定を受け、
以後8期連続の表敬を受ける〔2009年再表敬〕。
1981年、町田ハーネス加工工場、1982年、品川配送センター、1984年、町田事業所を開設。
1988年、台湾に子会社を設立〔TKD〕し、海外進出を果たす。
1989年、会長・笹井積善逝去。

グローバル化期 1990年~2010年

1990年、野田受注センター開設。シンガポール、マレーシアに子会社を設立。
1990年代はタイ、香港、インドネシアに子会社を設立し、中国広東省東莞、中国福建省廈門、
マレーシアにテープ加工工場を開設。
1999年、フィリピンに代表駐在事務所を開設する。
2001年、ISO14001認証取得〔登録証番号JQA-EM1950〕。
2000年代は、上海、大連、廈門、天津、呉江に現地法人を次々と設立し、グローバル化を加速させる。

第二創業期 2011~そして未来へ

2011年、伊藤忠プラスチックスが株式の90%を取得、伊藤忠グループ会社となる。
2012年、インドネシアKDIより貿易部門を分離、新会社設立〔KDIT〕。
2014年、KDHK シンセン事務所設置。
2015年、資本金を5050万円に増資。
2017年、本社を半蔵門(千代田区一番町)に移転。
2019年、伊藤社長就任。
2021年、創業70周年。