RECRUIT

採用情報

INTERVIEW

インタビュー

  1. TOP
  2. 採用情報
  3. インタビュー|毛乙馨

中国と日本の懸け橋になり、
グローバルビジネスに携わる。

営業2部 営業3課

毛 乙馨 MAO YIXIN

総合文化研究科 2017年入社
趣味:一人旅、話を聞くこと、ダンスミュージック

私のルーツ。
夢の舞台での挑戦。

私は一人旅が好きで、学生時代から欧米・アジア各国を旅してきました。旅に出ると道に迷ったり、お財布やパスポートを盗まれたり、思わぬハプニングやカルチャーショックに遭遇することもありました。そんな私が協栄電気に入社した理由は、海外で挫折感を味わい、もともと他人に頼りやすい性格を変えるために、海外と関わる仕事がしたいと思ったからです。協栄電気の強みは海外ネットワークを活かしたグローバルな展開です。中国をはじめとしたアジア各国に拠点を構え、国内にとどまらず様々な国や会社の人と働くことができる環境は、海外を舞台とした仕事に挑戦できる絶好のチャンスだと思いました。また、電子材料を取り扱う専門商社である点も魅力に感じました。テープや接着剤等、目に直接は見えない電子材料という商材が、広く世の中を支えていることを知り、その果たす役割の大きさに今後の可能性を感じ、入社の決め手となりました。

チームで遂行するミッション。

私は現在、主にスマートフォンの画面に使用される材料の営業を担当しています。日本国内のメーカーから仕入れた電子材料を中国等の液晶パネル関連企業へ輸出・販売するという仕事の中で、日本語、中国語、英語を使いながら価格交渉や納期スケジュール調整、トラブル発生時の対応などを行っています。この仕事の魅力は、多くの人と一緒に情報共有をしながら、一つの仕事に取り組めること。時にはお客様より急な要請等をお受けすることもありますが、メーカーや仕入れ先の担当者だけでなく、通関業者、社内のデリバリー担当者、海外拠点のスタッフなどと一緒にアイディアを出し合いながら、チーム一丸となってお客様の生産ラインを守ることに、この仕事の社会的使命を感じます。また、当事者意識を持って仕事に取り組める点にもやりがいを感じます。お客様より「毛さんの作る資料は分かりやすいね。」と褒められ、その資料がきっかけで製品の採用が決まったことがあるのですが、それはもともとお客様に製品の説明をするために、中国語の資料を日本語に直すよう、上司より依頼されたものでした。レイアウトを変えれば、よりお客様がイメージしやすい内容になると考えた私は、上司の許可をもらって修正案を作り、更にお客様が必要であろうと予想した情報を海外スタッフに要請してデータを入手。資料に情報を追加し、見る人がストーリーとして理解しやすい資料に変更しました。自分のデザインした資料が上司の役に立っただけでなく、お客様からも評価を頂けたことはとても嬉しく、良い経験となりました。

アジアを起点に、社会の発展に寄与していきたい。

社内には海外拠点で長く活躍された方等、知識や経験豊富な先輩方や、世代に関係なく話をしていて面白く、尊敬できる方が非常に多いと感じております。オフィス内は日々、日本語だけではなく英語や中国語など多くの言語が飛び交っているのですが、ワンフロアに全社員が一緒にいるため、不明点があれば上司や先輩だけでなく、他部署の方にも気軽に相談することができ、賑やかでオープンな雰囲気です。協栄電気の社員数は決して多くはありませんが、コンパクトな組織だからこそ、一つの業務に留まらず様々な業務を経験できます。年次に関係なく必要であれば国内外の出張も可能ですし、自分の意見を発信していれば、聞く耳を持って対応してくれる先輩・上司がいます。そんな先輩方の背中を見て勉強している私は、海外拠点での勤務を今後の目標としています。日本や中国をはじめとしたこのアジアを起点に、より多くの方と関わり合いながら常に新しい技術を模索し、この先にある世界を豊かにしていく。社会の発展に貢献できるような技術を生み出す人材になることを目指し、これからも精一杯日々の仕事に励みたいと思います。

協栄電気の魅力!

きれいで機能的なオフィス。

注目は、機能性の高いレイアウト、インテリア、備品の数々。営業職のデスクはフリーデスクです。座る場所は毎日ローテーションで替わるため、いろんな方とコミュニケーションが図れます。自由に利用できるカフェコーナーや高い背もたれの大型円形ソファーなど、社員がくつろげるスペースも充実。帰社したとき思わず、ほっとする快適なオフィスです!